不動産担保ローンのデメリット

信頼感もあり、金利も低くて長期にわたって多額のお金が借りられ、使用目的も限定されていないということで、多くの人に利用されている不動産担保ローンですが、デメリットもあるのです。

不動産ローンのデメリットは、長期間にわたる借入期間があるため、返済も長く続くということがあります。

もし一度にローンを返済したいと思っても、金融会社によっては違約金を請求されることがあります。

なぜなら、金融会社側は長期間にわたる返済によって支払われる金利が、金融機関の利益となるわけです。

それが一括返済をされると、利益となるべき金利が支払われなくなってしまうので、違約金を請求するのです。

さらに、長期間借りている中で、不動産の価値が下がってしまうこともあります。

もし不動産の価値が下がってしまったら、担保の価値が下がってしまったということなので、追加担保を差し出さなければならなくなります。

その時に差し出す担保があればいいのですが、多くの方にとっては、追加担保になるものがない場合がほとんどなので、非常に困る事態に陥ってしまいます。

さらに、不動産担保ローンを借りる時に、銀行以外で融資を行っている金融会社の不動産担保ローンを契約した場合には、よく検討する必要があります。

金融会社の不動産担保ローンは、審査も通りやすく、借りやすくなっています。

しかしその分、金利が高くなっていたり長期間の返済を確約しないと違約金が生じたりしてしまいます。

どちらの方が自分にとって得で使いやすいのか、よく検討しなければなりません。

4月
4

Comments are closed.