不動産担保ローンとは

最近、気軽に借りられるローンとしてよく名前を聞くものに、不動産担保ローンがあります。

でも、不動産担保ローンとはいったいどのようなものなのでしょうか。

不動産担保ローンとは、その名の通り、不動産を担保にしてお金を借りるローン商品です。

以前から、消費者金融やカードローンは、借りすぎると返済できなくなり、その後の人生を壊してしまいかねない危険なものだと言われていました。

それは、お金を借りる時に審査があって返済能力があるとみなされるからお金を貸してもらえるものの、いざ返す段階になると、それまでの使いすぎたお金が多すぎて返済できなくなってしまうことがあるからです。

一方、不動産担保ローンは、不動産を担保にしてお金を借りるということが、カードローンや消費者金融とは全く違います。

担保があってお金を借りるので、もし返済が滞ってしまった場合は、担保となっているものが貸主のものになります。

そのため、もし返済できなくなってしまったとしてもその後の人生が壊れてしまうということはありません。

お金ではなく不動産という形で返済できているからです。

担保として不動産を差し出すので、金利も低く、長期間、お金を借りることができます。

担保となる不動産の評定額を参考にして借りるお金が決まるので、かなりの金額を借りることも可能になります。

もちろん、不動産が無くなれば住宅が無くなり、深刻な問題になるのですが、返済が滞ってその後の人生を棒に振ることになるより、多少は楽かもしれません。

ABCサニー

Comments are closed.